賽は投げられた

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

賽は投げられた

自閉症グレーの長男とまだ赤ちゃんの次男を抱えたすったもんだの日々を綴ります。

何がフツウで何がフツウじゃないのか

先日は、りょたのお絵かき好きを紹介しましたが


お絵かきよりも好きなのが、電車!電車です!


たぶん、頭の7割くらい電車のことでいっぱいなんじゃないかと思うほどの好きっぷり。

週末には、電車を乗るためにだけに出かけたりします。

電車に乗るだけで2、3時間つぶして帰ります。

最近では、好きな電車以外乗りません!とばかりに乗車拒否し、好きな電車が来ると狂喜乱舞。


顔を真っ赤にして

「○○○系(電車の型番)!!!!」

と雄叫びをあげます。

一緒にいる私やダンナは苦笑いしつつもそれを眺め、電車の中では研究熱心に内装を見たり、フラフラするりょたをなだめながら「次はなんの駅かな?」と、話ながら過ごしています。


そんな時、ふと辺りを見回すと、ちょこんと大人しく座っている子がいました。

親と思われる人は隣でスマホをカチカチ。

でも、子供は大人しく座っています。


何度かそういう場面を見て、ぎょっとしました。

『大人しくしているな…りょたぐらいなのに。すごいなー。りょたと出かけいる時にスマホをいじるなんて無理だわー。みんなあんなに大人しいのかな』


その出来事をダンナに話したところ

「あー、退屈そうに黙ってる子いるよな。見てて怖いよ」

「怖い?」

「りょたぐらいの年で黙って何も話さず座ってるんだよ?ありえないだろ。怖いよ怖い」

「………」


「りょたみたいに、○○○系!とかいってちょっと騒いでいる方がフツウだろ」

「でも、りょたと同じように電車好きとは限らないし」

「電車好きじゃなくても、会話ぐらいするだろう。だいたい親は子供と出かけてるのにスマホいじって何してんの?そんなに緊急を要することがあるの?」

「それはその…(・・;)」


ガラケーのダンナはスマホに否定的です。話がずれたので、その話は終わりましたが、ダンナの言葉はとても印象的でした。


私は単純に、楽そうでいいなと思ったのです。


その頃は、出かけるといえば、電車に乗るため。

目的地もないまま、乗り換え案内のアナウンスが流れれば、違う電車に乗る!と言い張られ、駅に近いスーパーに寄るのも、電車に乗りたいとごねられ、泣かれ疲れていた時だったの余計に。


でも、ダンナの言葉を聞いて
何がフツウで、何がフツウじゃないのか
考えてしまいました。


そして、気づいたのです。

りょたはフツウではない、フツウじゃないから毎日、大変なんだと思いこんでいる自分がいることに。

りょたは、りょたのままでいいって思いながら、フツウの子と、りょたを比べている自分に。


りょたが電車にこだわるように
私もフツウにこだわっていました。


似た者親子です(苦笑)


何がフツウで、何がフツウじゃないのか、そんな事を思うより、子供らしくていいじゃんぐらいの気持ちでいこーと思った出来事でした。






↓ランキングに参加しています。
押してもらえると嬉しいです(^^)

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村